相模国霊場研究会


ホーム||第1回ご報告


 旧相模国を対象にした学際的な研究会です。ご賛同・ご参加して下さる有志を募っております。
 旧相模国内の霊場についての研究を行っている研究者同士の学問分野を越えたローカルな情報交換の場として2019年(令和元年)6月に発会いたしました。
 宗教学・歴史学・民俗学・文化人類学・考古学・地理学・文学・建築学・生物学といった学問分野を越えてご参加頂ければ本望でございます。
 現時点では特に参加条件は設けておりませんが、引き続き次回以降の研究発表をして下さる意欲のある皆様にご参加頂ければと願っております。


第2回 研究会

【日時】
2019年(令和元年)11月4日(月・休日)
 15時開場・受付開始
 15時20分〜18時30分


今回も充実した会になりました。ご参加の皆様、誠にありがとうございました。
取り急ぎ写真報告と会計報告を掲載いたします。
次回第3回は2020年6月1日(月)と決まりました。ご発表は飯塚先生と武井先生です。



【場所】
相模原市立 市民・大学交流センター
ユニコムプラザさがみはら

(小田急線相模大野駅 徒歩2分)
ミーティングルーム4(定員30名)

【会費】600円(場所代+資料代)

【申込み】事前に事務局までお申込み下さい。


【研究発表】

1)天田 顕徳(北海道大学 大学院メディア・コミュニケーション研究院 准教授)

「文化資源としての山岳霊場 ー霊山の観光化・現状と課題ー」

いくつかの修験霊山の観光化の状況と比較をしながら、現在の大山の状況や、文化振興策の課題を整理したい。

2)川島 敏郎(『伊勢原市史』編集委員、産業能率大学客員研究員)

「心蔵著『大山不動霊験記』からみた大山信仰の諸相」

 大山信仰の根幹をなす心蔵著『大山不動霊験記』全15巻は、寛政4(1792)年に大山寺塔頭・養智院心蔵によって出版された大著・稀覯本である。本書はこれまで翻刻されておらず、そのため正面から取り上げられることは少なかった。本発表では、先ず心蔵の人物像、版元、出版の目的、賛同者、出版費用、本書の構成などを紹介したあと、本書の内容分析を試み、さらに本書に記された現世利益の内容(4例)やその他の大山関係未公開史料についても触れたいと思う。


※ 研究発表終了後、今後の日程等についてご相談いたします。

【懇親会】
終了後、同じビル内の老舗居酒屋ガクさんで行いたいと思います。



現在のメンバー

城川 隆生
 (もと神奈川県立高等学校社会科教諭〈倫理社会〉)
武井 慎悟
 (駒澤大学大学院人文科学研究科 仏教学専攻 博士後期課程)
天田 顕徳
 (北海道大学 大学院メディア・コミュニケーション研究院 准教授〈宗教学・民俗学・観光学〉)
飯塚利行
 (清川村 文化財保護委員)
坂田 宏之
 (たましん地域文化財団 歴史資料室、説教節の会)
遠藤孝徳
 (山北町地方史研究会)
大野一郎
 (厚木市立あつぎ郷土博物館)
武井謙悟
 (駒澤大学大学院 人文科学研究科 博士後期課程)
高林鮎太
 (練馬古文書研究会)
小島瓔禮
 (琉球大学 名誉教授〈民俗学・国文学〉)
佐藤圭介
 (神奈川県議会議員)
川島敏郎
 (『伊勢原市史』編集委員、産業能率大学客員研究員)
服部雅子
 (個人研究〈宗教民俗学・仏教図像学〉)
山本菜摘
 (相模原市立博物館)
三國登美江
 (伊勢原郷土史研究会)
酒井明子
 (ネイチャーガイド)
長島節五
 (日本映像民俗学の会)

渡辺桂子
 (受付・会計・事務局)


【事務局連絡先】
城川 隆生(キガワ:090-7217-7931)
 〒259-1321 秦野市曲松1-11-13
 (勤務先:〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18-5F 万象房:042-851-8875)