TEARS LABEL(ティアーズ・レーベル)


TLCD-160901

CDジャーナル
各販売店
リンクページ

Amazon
HMV
Tower Records
楽天
itunes
ほか
2016年9月1日リリース、全10曲入り。価格2160円。 New!

Apple Geeta(アップル・ギーター)2nd アルバム『ONENESS』。

 日本を代表する女性シタール奏者が男性ギタリストを従え世に送る、オリジナル楽曲を中心としたアコースティックロック作品『ワンネス』。
 前作以上にラーガロックテイストを強め、ポップなラブソングから往年のプログレッシブロックを思わせる変拍子サウンドもあり、多様なヴァラエティの中に確固たる調和"ONENESS"を感じさせる。インド・トラディショナル「Govinda」「Moola Mantra」、冨田 勲作品「クレオパトラの涙」、THE BEATLES「Across The Universe」も聴き応えあり。10曲目「Moola Mantra」には日本を代表するスライドギター奏者 日倉士歳朗がゲスト参加し、シタール&スライドギターの絶妙の絡みを展開。


 
シタール&歌:Akiko☆Sitar
 ギター&歌:George★Kigawa
  〈ゲストミュージシャン〉 ハーモニカ:河中豪紀(9)、スライドギター:日倉士歳朗


『CDジャーナル』(2016年11月号)
「シタールならではの幽玄的な音色がポップやプログレとも聴き紛れるさまざまなサウンドの中で、大きく存在感を主張する」

APPLE GEETA
official page

1. Govinda
2. Everlasting Love(mp.3 demo.)
3. I Belong To You
4. Cleopatra(クレオパトラの涙)
5. Drive Your Car
6. Across The Universe
7. Julia(mp.3 demo.)
8. Without You
9. Last Avatara
10.Moola Mantra(mp.3 demo.)

TLCD-160213

CDジャーナル
各販売店
リンクページ

Amazon
HMV
Tower Records
楽天
itunes
ほか

2016年3月リリース。全6曲。価格1800円(税抜) New!

河中豪紀 2nd ミニアルバム「early bird 音のない部屋から」。

孤高のハーピスト。奇才、河中豪紀(かわなかひでとし)10年ぶりのミニ・アルバム。
タングブロック・スタイルで、メロウ&リズミックなブルースハーモニカのテクニックを堪能できる傑作。

河中豪紀:10Holes Harmonica
With
安齋孝秋:Keyboard(1,2,3,4,6)
城川隆生:Acoustic Guitar(3)
EbAk:Ukulele(1)
落合佳彦:Woodbass(5)

『CDジャーナル』(2016年5月号)
「 ブルースハープ奏者の河中豪紀による6曲入りミニ・アルバム。4曲が自作曲で、ピアニスト安齋孝秋を中心にしたハートウォーミングな作品。どこか切なく、でも心温まる、まるで、せわしない現代にあってどこかに置き忘れてきた大事なものがあったことを教えてくれるかのよう」

河中豪紀
official page
(視聴出来ます)

1.early bird 音のない部屋から
2.haru(晴)
3.優しいだけでもいいじゃない
4.はじめてのチュウ
5.メーメの夢
6.Blowin' The Blues

TLCD-140405


order from

(転送フォーム)


2014年4月リリース、全11曲入り。価格2000円。

Apple Geeta(アップル・ギーター)1st アルバム『APPLE GEETA』。

2012年、結成。
シタール&アコースティックギター の 70年代風 虹色 ロック・デュオ。
それぞれが、ティーンエイジャーの頃、The Beatlesとの出会いをきっかけに音楽を始めたという縁で意気投合。 LOVE & PEACE ! サンサーラ !
オリジナル7曲にビートルズ・カバー曲も含めて作り上げた摩訶不思議なラーガ・ロック !


 シタール&歌:Akiko☆Sitar
 ギター&歌:George★Kigawa


『CDジャーナル』(2014年6月号)

「シタール奏者 国分あきこ とGeorge★Kigawa(vo.g.)からなるユニット、APPLE GEETAのデビュー作。ビートルズ経由というのが良くわかるオリジナルも含めたポップな表現が、シタールに対する親近感を抱かせる。独特のドローン、響き、音階がなんとも言えない情緒を紡ぎ出している。★」

APPLE GEETA
official page

1. LOVE YOU TO
2. KRSNA
3. ANXIETY OF SARASVATI
4. TEARS BECOME A LOTUS FLOWER
5. TALK
6. SOMETHING
7. LOVE SONG
8. LOVE ME DO 〜RAGAを歌って〜(mp3)
9. BOMBAY SUNSET(mp3)
10.GURU STOTRAM

TLCD-60331


order form
(CDジャーナル)
2006年4月リリース。オリジナル全6曲。価格1200円

河中豪紀 1st ミニアルバム「a place to call home」。

河中豪紀プロフィール
 
神奈川県厚木市出身。
 建設現場で働いている時に偶然ハーモニカに出会い、ライブに飛び入りしながらハーモニカの腕を磨く。
 その後、西村ヒロに出会い師事。
 現在は自身のオリジナル曲を中心に、バーやライブハウスなどで活動。
 また、ブルースにとらわれない演奏スタイルから、
 松田浩之&アキコ、Nothing On My Mind他多くのグループをサポート。

テンホールズハープ:河中豪紀/ギター:城川ryusei隆生/ピアノ:横井澄人
ガットギター:柳生慎悟/ラップスチールギター:トシロー
フィドル:アキコ/フルヤギター:古谷武久/コーラス:sachiko/他

『CDジャーナル』(2006年5月号)
「 河中豪紀はブルース・ハープの使い手ながら、ブルースには拘らず、オリジナル勝負のハーモニカ・アルバム。イントロから遊び心のある演出で、夕焼け時に何となく聴きたくなるような音色だ。城川ryusei隆生のアコギとのバランスもよく、味のある演奏を聴かせてくれる。 」

河中豪紀
official page


♪haru(晴)(mp3)
♪紫の夜(mp3)


TLCD-60225


order form
(CDジャーナル)
2006年4月リリース。価格2000円
全9曲入り(オリジナル8曲にハワイの名曲「プアリリレフア」をカバー)

SHOW 1stアルバム「SHOW」

風が、山と海をつなぎ、陸(おか)と島を結び、
「森の響き」と「波音」を運ぶ。
江ノ島、大峰・天川、ハワイ、熱海、アイルランド、タイ、ヒマラヤ、・・・・・、世界の聖地を巡り、日常を廻る。エスノロジックでポップなオリジナル歌曲集。オープンチューニングのマーチンと三線がかもしだす和みの演奏に包まれた女性ボーカルSHOWの歌があなたの心にきっと響きます。


ボーカル:SHOW
三線・ウクレレ・ギター
(レギュラーチューニング):城川ryusei隆生
ギター(オープンチューニング):小池さん
スライドギター:松本ノボル/テンホールズハープ:河中豪紀

『CDジャーナル』(2006年5月号)
「SHOWの唄、城川隆生の三線やギターなど、小池晃のギターを中心としたアコースティックなサウンドはフンワリとした空気に満ちている。(4)以外は城川の作詞曲で、島唄風あり、若き日の梶芽衣子を彷彿させるSHOWの唄ありで、肩の力が抜けていい気分になる。」

SHOW
official page


※ SHOWは
現在活動休止中です。

♪一年節(mp3)
♪祝い歌(mp3)
♪流離いて(mp3)

TLCD-030801


order form
(転送フォーム)
2003年8月リリース、価格2000円

水色鉄拳制裁2ndアルバム「水色鉄拳制裁」

喜怒哀楽開放系パンクバンドとして、Player、ロッキンfといった音楽雑誌から絶賛された ファーストアルバムからすでに2年。諸般の事情でライブ活動は停止中。しかしライブではなく音源で勝負に出たセカンドアルバム。かつてのお笑い系のノリは影をひそめ、「すすめ」「ビッグウェーブ」「祈り」「最高」「道」といったストレートな楽曲が目を引く。むしろ爽やかささえ感じる作品。


『Player』(2003年12月号)
 「前作はユーモアたっぷりの内容だったが、今回はバンド名を冠したアルバム・タイトルの通り、堂々としたヴォーカルとハードエッジなギターを核とした、本来のストレートなパンクのスタイルに徹しているようだ。歌詞には笑いを誘うフレーズはあるものの、生真面目さを一貫している。情けなくもポジティブなメッセージと胸キュン必至なメロディによるサウンドは純粋にカッコ良く、聴く人全ての心に光明をもたらしてくれるだろう。」

『CDジャーナル』(2003年10月号)
 「バンド名からしてどこかひねくれた感を抱かせるが。楽曲自体も正攻法的なスタイルで演奏してそうに見えて、じつはどこかしら螺子を1〜2本ズラした感覚 で攻めてくるところが面白い。本作は水色鉄拳制裁のセカンド・アルバム。実直なのに実直に見えないニヒルなセンスに思わず乾杯。」

水色鉄拳制裁
現在ライブ活動休止中です。


スキップ!」(wma)
「すすめ」(wma)


TLCD-001201


order form

(転送フォーム)

200012リリース、価格1800円

水色鉄拳制裁1stアルバム「基本的人権の尊重」

喜怒哀楽開放系パンクバンド。負けっぱなしの人生の中で「負けない心」だけを抽出し具現化することに成功。一部のカルト的ファン(バカ)に支えられここにめでたくファーストアルバムをリリース。ここまで赤裸々なバンドがあったか?未知(バカ)との遭遇に君は耐えられるか?(笑いをこらえることができるか?)

「基本的人権の尊重」「健康」「怒りの鉄拳」「炎の○○○チン」「いい声」「不服申立て請求」「男道」「3倍返し」「しゃくれ」「もっと」他…!!?

『Player』(2001年2月号)
「……馬鹿馬鹿しい笑いの中に悲しみや怒りを表現するというステキなコンセプトの元、ゴリゴリでダークなハードコア、ポップス、なぜか演歌なども交えつつ、この世の弱き者や負け犬たちの叫びを代弁するかのようにまくしたてる。その歌詞はくだらなくもあるが心に迫るインパクトも持っている。ジャケで判断すると怪我するぜ。

『ロッキンF』(2001年2月号)
「……タイトルからして「社会派のパンクバンド」と思っていたら、1曲目の第一声が「○○・△△・××」。衝撃だ。笑いを通じて人生の悲哀や苦しみをつづった歌詞と、生活感が妙ににじむチープなパンク・サウンド(女性コーラスが泣かせる!)……せち辛い世の中に「プッ」という爽やかな失笑を提供してくれる、素敵なアルバムだ。」


『CDジャーナル』(20011月号)
「強烈なバンド名とアルバム・タイトルのファーストである。97年に結成したバンド名がS.O.D.をパクったS.A.D.という名前だっただけに、へヴィー・メタル+ハードコア・パンクという部分も多いし、今風のへヴィ系サウンドも聞こえてくる。が、それっぽく聞こえない。なぜなら曲はセオリーを外しまくっているし(演歌やフォークもあり)、演劇性込みだし、シモネタ含みの歌詞がアナーキーなのだ。昔のナゴム・レコード、殺害塩化ビニール、ばちかぶり、初期のあぶらだこ、スターリンを思い出した。一聴の価値はある。」


水色鉄拳制裁
現在ライブ活動休止中です。



「怒りの鉄拳(mp3)
 「しゃくれ(mp3)


TLCD-000902


order form
(転送フォーム)

  

2000年リリース、税別価格2500円 => 2000円

Nothing On My Mind 2ndアルバム「NOMM-2」

1970年、街にはビートルズが流れ、ハイジャックした活動家は北へ飛び、万博の人の波、三島由紀夫の自決、少年たちのアイドルは「あしたのジョー」だったあの頃を歌う「Old'70」をはじめ、より一層アコースティック色を強めた歌の数々、デューク・エリントンやスティービー・ワンダーのカバーも含めて全14曲。

『CDジャーナル』(2000年11月号)
「……アコースティックとはいってもその楽曲はジャズ、ボッサ、ブルース、ハワイアンとバレエティに富んでいて、ギターの持つ表現力の豊かさに驚かされる。電子音で疲れた耳をいやしてくれるようなアコースティック・ギターのやさしい音色と澄んだ男性ボーカルと女性ボーカルのハーモニーがいつまでも心に残る。」

『ギターマガジン』(2000年11月号)
「……スタンダード・ジャズから、ボサ・ノバ、フォーキーなナンバーまでバレエティーに富んだ楽曲がブルージィにアレンジされている。アコースティック・ブルースのおいしさが凝縮された作品だ。……」


インディーズマガジン(2000年12月号)
「……ロック、ポップス、ボサノバ、フォーク、ジャズなどの音楽をベースにしっとりとした歌とアコースティックな演奏を聞かせてくれる。バンドの活動の中心は東京都町田市。まさに“地域”と“音楽の質”にこだわった良質な作品である。」


Nothing On My Mind
official page


♪OMOIDE(mp3)
♪むぎわらぼうし(mp3)


収録曲目「OMOIDE」はキングレコードのウクレレ・コンピレーションアルバム「ウクレレ・クレージー」にも収録。  


ALCD-980401


order form

(転送フォーム)

1998年リリース、価格2000円

Nothing On My Mind 1stアルバム「TEARS」

神奈川ヒマラヤ登山隊1997の遭難事故をきっかけに企画されたコンセプトアルバム。悲しみの歌、怒りの歌、別れの歌、世紀末の歌……など色々な思いが込められた作品。

『ギターマガジン』(98年9月号)
「……小粋なジャズ・ナンバーを始めジェームス・テイラーを彷彿させるフォーキーな曲など、バラエティーに富んだ楽曲が詰め込まれている。なお本作は97年にヒマラヤで遭難死した広島三朗率いる神奈川ヒマラヤ登山隊に捧げるトリビュート作という意味合いも持つ……。」

毎日新聞』(98年7月16日)
「………事故から1年を経て完成した作品は在りし日の同僚らに思いを馳せ、その生き方への賛歌になっている………。」

『インディーズマガジン』(98年10月号)
『もともと8人の大所帯バンドだったのだが、今のふたりになってからは3年ほどが経過したという、アコースティック・デュオの15曲入りファースト・アルバム、このアルバムは97年8月20日、神奈川ヒマラヤ登山隊が遭難し、死亡した8人に捧げる曲「レクイエム」を始め、思い出、悲しみ、怒り、心地よさなどさまざまな想いが込められた作品になっている。とにかく心に染み入る深い作品だ。」

『山と渓谷』(98年10月号)
「……さらりと歌われた詩の中に多くの思いが包まれている。」

のボタンを押すとCDジャーナル(アマゾン、HMV、タワーレコード)のご購入サイト
または転送フォームが立ち上がります。

*
ティアーズ・レーベルから直接ご購入をご希望の方はメール転送フォームに購入希望商品名・郵便番号・住所・お名前・電話番号・注文枚数をご記入の上、送信して下さい。
メール転送フォームからのティアーズ・レーベル通販は消費税分サービス、送料(梱包手数料を含む)は300円です。旧譜2枚以上お買い上げのお客様は送料無料といたします。

☆ ティアーズ・レーベルの音源はCDジャーナルのWEBサイトでも視聴できます。
−ー>インディーズーー>ティアーズ・レーベル

通信販売法に基づく表示




banshowboh01@nifty.com